写真:ロイター/アフロ

写真:ロイター/アフロ

「なぜ女性のリーダーは少ないのか」を視覚化

インフォグラフィックス2013.6.19 11:53

 Facebookの最高執行責任者(COO)、シェリル・サンドバーグ(Sheryl Sandberg)氏が行った講演「なぜ女性のリーダーは少ないのか」のポイントをVISUALTHINKINGの櫻田潤氏がインフォグラフィックスにまとめている。サンドバーグが指摘する働く女性が直面している問題と、女性へのアドバイスを分かりやすくビジュアル化している。

Infographics by VISUALTHINKING

Infographics by VISUALTHINKING

 サンドバーグ氏はハーバード大学を首席で卒業し、クリントン政権時代にサマーズ財務長官の首席補佐官を務めた後、2001年からIT業界に転じて米Googleの広告事業をリード。2008年にFacebookに移り、昨年には最高執行責任者に就任した。年収は25億円以上とも言われている。

 同氏の講演は、NHKの「スーパープレゼンテーション」で放送され、日本でも多くの反響をもたらした。講演の中でサンドバーグ氏は子育ての過程では、自分自身が多くの壁にぶつかってきたとしている。2人の子供がいて、子育てをサポートしてくれる夫がいても、女性はもっと積極的になるべきだと主張していた。

 今回、紹介するインフォグラフィックスでは、会社幹部まで登りつめる女性がいかに少なく、出世と家庭の選択において、女性が会社を去るケースが多い点について、データをもとに簡潔に表現。サンドバーグ氏が投げかけているメッセージは以下の3点に絞られていた。

  1. 「Sit at the table」(テーブルにつくこと=交渉する)」
  2. 「Make your partner a real partner(本当のパートナー関係=夫と対等の関係を築く)
  3. 「Don't leave before you leave. Keep your foot on the gas pedal」(簡単に仕事を辞めない=最後まで諦めない)

 このインフォグラフィックスはあくまでサンドバーグ氏の講演内容、主張をまとめたもの。同氏は今年3月、この持論を本にまとめて出版したが、米国では賛否両論となっている。

*このインフォグラフィックスはウェブメディア「ビズジェネ」のコーナー「Knowledge Visualization - インフォグラフィックで理解する」用に作成された。

インフォグラフィック制作:櫻田潤(Jun Sakurada)

プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、2010年よりビジュアルシンキング運営。ピクトグラム、図解、インフォグラフィックの制作活動を行っている。著書に『たのしいインフォグラフィック入門』。

コメント