写真:アフロ

写真:アフロ

強いのは「ほ乳類」? Jリーグマスコットの分類

インフォグラフィックス2013.6.21 15:19

 ザックジャパンが2014FIFAワールドカップ出場を決めてサッカーへの注目は高まるばかり。そんな中、VISUALTHINKINGの櫻田潤氏はJリーグ加盟チームが掲げている公式マスコットキャラクターを分類、インフォグラフィックスを作成している。

 マスコットを掲げているJリーグ加盟38チームを対象に「植物類」「昆虫類」「は虫類」「鳥類」「ほ乳類」「融合」「架空の動物」の7つに分類。実際にJリーグ公式サイト上で、この分類と順位の関係を見てみると、ほ乳類のマスコットを採用しているチームが目立っている。

 6月までのチーム順位では、J1で1位の大宮アルディージャは「ほ乳類」のリス、2位の浦和レッズは架空の動物「レディア」、3位の横浜F・マリノスは「鳥類」のカモメとなっており、上位3位の分類だけでは、どのマスコットの分類が強いとは言えない。

 ただ、上位10位までを見ると、「ほ乳類」の6チームがエントリー。J2も同じく「ほ乳類」に属するチームが多く、それ以外の「植物類」「昆虫類」などは苦戦しているようだ。

 関連性は低いかもしれないが、どのマスコットのチームが頂点を獲るのか、このインフォグラフィックスを見ていると、興味が湧いてくる。あくまでサッカーチームは選手と監督、そしてサポーターらが支えているものですが…。

J League Mascots Family Tree

J League Mascots Family Tree

Jリーグ・マスコットのモチーフ分類まとめインフォグラフィック (VISUALTHINKING)

インフォグラフィック制作:櫻田潤(Jun Sakurada)

プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、2010年よりビジュアルシンキング運営。ピクトグラム、図解、インフォグラフィックの制作活動を行っている。著書に『たのしいインフォグラフィック入門』。

コメント