写真:ドワンゴ/アフロ

写真:ドワンゴ/アフロ

参院選2013:Web・ソーシャル上で話題の政党・政策は?

リアルタイム調査2013.7.1 21:01

政党別・政策別口コミ数のリアルタイム集計は、2013年7月23日17:00をもって終了しました。

 第23回参議院選挙を前に、NTTコム オンラインと株式会社PR TIMES(代表取締役:山口拓己)は7月2日、各政党・政策のTwitter上の口コミ状況と、国内のニュースサイト露出度について共同調査を行った。口コミ数では自民党への口コミが多く、政策別では圧倒的に「原発問題」への注目が高い。一方、ニュースサイト上における政党の露出状況は、自民党と民主党の話題が多く、政策では「アベノミクス」への注目が依然として高い。

 本調査は、Twitter全量データを対象とするNTTコム オンラインの分析ツール「BuzzFinder」と、国内の主要Webニュースサイトを網羅するPR TIMESの露出調査サービス「Webクリッピング」の独自集計データに基づいている。

政党別口コミ数とニュース露出度

 政党調査は、「自由民主党」「民主党」「日本維新の会」「公明党」「みんなの党」「日本共産党」「みどりの風」「生活の党」「社民党」「無所属幸福実現党」「新党大地」「新党改革」「日本未来の党」「減税日本維新政党・新風」「沖縄社会大衆党」「新社会党」「新党日本」の18政党および無所属を対象としている。

 Twitter上の口コミ状況は18政党および無所属について1日毎に集計。口コミでは、最も話題になっているのは「自民党」。次いで「民主党」、「日本共産党」の順となっている。それ以外の政党は口コミ数において上位3政党より少なく、団子状態で推移している。

2013年7月5日時点の政党別口コミ数

 WEBニュース上における18政党および無所属の露出件数は、自民党と民主党の話題が多く、次いで日本維新の会となっている。ネット選挙解禁に伴い、各党戦略が注目される中、6月26日に「自民党」が公式スマホアプリ「自民NEWS」と、ジャンピングゲーム「あべぴょん」を発表し、Webニュースで注目を集めている。

政策別口コミ数とニュース露出度

 政策調査は「アベノミクス」「TPP」「原発問題」「憲法改正」「消費税増税」「尖閣」「震災復興」「議員定数」「歴史認識」の9政策を対象に行った。

Twitter上の口コミ数は、9政策別について1日毎に集計。6月30日現在、口コミ数では圧倒的に「原発問題」への注目度が高く、期間中2位以下に大きく差をつけている。次いで注目度の高い項目は「震災復興」「TPP」「アベノミクス」などの順で関心が高い。

2013年7月5日時点の政策別口コミ数

 WEBニュース上における9政策の露出件数は、「アベノミクス」に対する注目は依然高く、金融政策が最も注目され、次いで原発問題、消費税増税と続いている。そのほかの政策に対する関心は、ほぼ均衡している。

政策別Web露出件数

BuzzFinder

日本語全量ツイートを対象とした、国内最大級のクチコミリアルタイム分析サービス。顧客の生の声を把握し、ビジネスチャンスの拡大、トラブルの早期発見、競合他社情報を早期把握が可能。Twitter公認製品プログラムにおける認定プロダクト(詳しくはこちら

コメント