写真:Pinterest/AP/アフロ

写真:Pinterest/AP/アフロ

ピンタレストが日本語化、利用者の反応は?

2013.11.7 15:21

 Pinterest(ピンタレスト)というSNSをご存じだろうか。サービス自体は2009年から開始されており、当初はクローズで運営されていたが、後に招待制となり、現在ではメールを送ることで登録可能となっている。北米を中心に様々なメディアで「今流行のSNS」として紹介され、人気となっている写真共有SNSだ。そのピンタレストが日本語対応のベータ版を一部公開しているようだ。


 ピンタレストは2012年、米国における訪問者数が1,600万人を超え(ニールセン調べ)、情報共有サービス「Shareaholic」が今年10月5日に公表したデータによると、ピンタレストは「ツイッターの3倍以上のトラフィックを生みでしている」という。もちろん、日本からもサービスは利用可能だ。一部企業でもピンタレストを利用したサービスを公開しており、プロモーションの一つとして活用されている。しかし、インターフェイスが日本語化されておらず、日本では爆発的に流行ったとは言えない状況が続いていた。

 そんな中、一部で日本語利用が可能になったとのツイートが上がってきている。書き込みが見られたのは10月29日からだ。

  • Pinterestが日本語版サイトにになるみたい。試験板の案内が来た。
  • Pinterest日本語版サイト(ベータ版)へのご招待のご案内です。ってメールきたよ
  • よく使ってるユーザーのみ招待してるとさ。最近Pinしまくってるからなぁ(笑)

 ピンタレストが公式に発表しているわけではないようだが、よく利用しているユーザーのみを日本語版サイトへ招待しているようだ。

 しかし、書き込みを見ると、英語版に慣れてしまっている人が多いためか、反応は微妙だ。

  • アプリをアップデートしたらpinなどの表記が日本語になってしまった。なんかやだ…。
  • 日本語版になったら見辛くてしょうがない。 英語表記のがスッキリしていて使いやすいな。
  • Pinterest日本語対応したら一気にダサくなりましたな (=゜ω゜)

 英語版のほうが良かったという声が目立ち、さらに厳しい意見も出ている。

  • このツールの醍醐味って、「言葉を介さない視覚のみに特化したグローバルコミュニケーション」という点にあるので、初期登録や設定変更などのシーン以外に日本語は必要ない気もしますけどね。
  • あのインターフェイスの美しさを日本語で維持出来るのかがポイントだね

 しかし、英語が苦手な人が導入を検討したり、日本語の検索結果に表示されやすくなったり、日本語化の利点も多い。この日本語化をきっかけに、様々な企業が導入を促進し、プロモーションが始まれば一気に広がっていく可能性もある。今後が楽しみなサービスである。

日本橋 太郎

SEを経てベンチャーやら外資やらでコンサルタント/アナリストとしてさまざまなデータを分析。住まいは、東京の下町。とにかくお祭りが好き。将来日本橋(東京)に住むと決めた。

コメント