写真:森啓造/アフロ

写真:森啓造/アフロ

ラブコールとともに若者の投票率引き上げ

2013.7.5 17:22

 与野党内で参院選の低投票率を予想する声が広がる中、SNSを使って選挙に参加する若者を増やそうという試みがある。NPO法人Youth Createが運営する「FIRST STEP」というキャンペーンだ。実はこのキャンペーン拡散に一役買っているのが、このサイトの「ソースコード」に仕込まれたラブコールなのである。

 FIRST STEPは「インターネットを通じて、若者の政治への、選挙への能動的な参加を訴える」ことを目的としている。キャンペーンに参加すると、参院選の投票日前日(7月20日)に、登録された全てのSNSアカウントに同じタイミングで、メッセージが自動配信される。これによりSNS上でバズを起こし、話題を創出して投票を後押しする。

FIRSTSTEP
参加方法

 7月5日現在、約2,200人が参加登録を完了しており、このキャンペーン参加による話題の拡散効果は、最大で330万フォロワーに達する見込みだ。賛同者には乙武洋匡氏佐々木俊尚氏津田大介氏らも名を連ねている。

 ただ、ネット上ではこのキャンペーンとは別の話題で盛り上がっている。このサイトのソースコードを開くと、実は以下のような記述が含まれている。

ソースコード

 初々しいラブコール。本当にきゃりーぱみゅぱみゅ様に賛同を求めているのだろうか?それとも拡散手段のひとつなのだろうか?

Yoshiyuki

企業のソーシャルメディア活用の立上げ・運用支援・分析をする傍ら、buzzoo.jpの運営を行う。大学時代に学んできた統計学・データマイニングの経験を活かし、将来は21世紀最もセクシーな職業を目指している。お酒大好き浦和っこ。

コメント