写真:アフロ

写真:アフロ

話題のホット炭酸は温かくてシュワシュワ

トレンド・ライフ2013.11.27 17:12

 11月も終わりに近づき、気温もぐっと下がってきた。こんな時に飲みたいのが体も心も温まるホットドリンクだ。ツイッターでも「寒い日に温かいコーヒー美味しい」「寒い日にはホットレモンだね。温まる」といったツイートも多く見られる。そんななか、最近流行っているホットドリンクが温かい炭酸飲料だ。

 今秋、日本コカ・コーラとキリンビバレッジは両社初めての「温かい炭酸飲料」を発売した。今までは温めると炭酸は抜けやすいということから販売してこなかったが、両社は原料の調整や新しい技術により温めても炭酸の泡を保つことを実現したという。コカ・コーラは「カナダドライ ホットジンジャーエール」、キリンビバレッジは「キリンの泡 ホット芳醇アップル&ホップ」をそれぞれ販売開始した。

 飲料大手が初めて出す温かい炭酸飲料ということで、早速ツイッター上でも反応がでている。特に、カナダドライホットジンジャーエールは発売時に一日1,200件程度、その後も一日700ツイート程度を維持している。

 こうした新しい試みの飲料は、話題性のみで味の方は酷評というパターンが多かったように思えるが、このホットジンジャエールに関しては、半数程度がポジティブに捉えられているようだ。

  • ホットジンジャーエールはわりとギリいける
  • ホットジンジャーエール美味しいよね
  • CMでやってたコレ! HOTジンジャーエール! コレはありだね♪~(´ε` ) 美味い♪
  • 意外と好きなんですけど。ホットジンジャエール結構いけるやん

 といった好意的なツイートが多く見られ、リピートしている消費者も見られた。

  • ホットジンジャーエール、二本目いってみた。ん? おいしいかも!
  • ホットジンジャーエール意外とハマります。
  • ホットジンジャーエール飲みたい。今日も買おうと思ったのに地元のコンビニ売ってなかった

 コカ・コーラと、キリンビバレッジがそろって発売したのは「まったくの偶然」とのこと。両社は「冬に炭酸飲料が売れない」という季節要因を克服するために商品開発を進めていたという。確かにツイッター上では以前から少数ではあるが「炭酸は飲みたいけど、寒いなあ」といった声もあった。つまり、このホット炭酸はこういった人の、今まで見えていなかった潜在ニーズに答えられている可能性がある。

 今回、大手飲料がほぼ同時に発売したことで、世の中が盛り上がり新しい市場ができる可能性がある。今年の冬は温かい炭酸飲料で温まってみるのも良いかもしれない。

日本橋 太郎

SEを経てベンチャーやら外資やらでコンサルタント/アナリストとしてさまざまなデータを分析。住まいは、東京の下町。とにかくお祭りが好き。将来日本橋(東京)に住むと決めた。

コメント