写真:アフロ

写真:アフロ

ドコモのツートップではないけれど、ツートップ?

トレンド・ライフ2013.6.19 16:26

 インターネットコムgoo リサーチが「携帯電話/スマホ買い替え」について調査した結果を発表した。 人気機種はドコモの「ツートップ」宣伝効果に連動し、ソニーとSAMSUNGが伸びているが、現状のツートップは依然としてApple、そしてシャープのようだ。

 結果を見てみると、「現在注目しているスマートフォン/携帯電話・PHSのメーカーをお答えください」という質問に対し、回答の多かったメーカー上位5社は「Apple」(16.3%)、「シャープ」(11.3%)、「ソニー」(8.9%)、「パナソニック」(4.1%)、「SAMSUNG」(3.1%)の順となった。

 前回からの変化に着目すると、「ソニー」(前回6.5%)と「SAMSUNG」(前回1.6%)の伸びが目立っている。調査では、これは、NTT ドコモがソニーの「Xperia A」と SAMSUNG の「GALAXY S4」 を「ツートップ」として推奨している影響があるのかもしれないとしている。

 ちなみに2位のシャープは前回調査(2013年2月下旬)でも2位にランクインしていた。

 以前シャープの公式Twitterでは以下のようにツートップに入らなかったことを自虐的につぶやいていた。

 NTT ドコモのツートップにはなれなかったが、この調査ではツートップを死守した格好だ。

キャリア各社の2013年夏向け新モデル発表の影響は?(japan.internet.com)
日本橋 太郎

SEを経てベンチャーやら外資やらでコンサルタント/アナリストとしてさまざまなデータを分析。住まいは、東京の下町。とにかくお祭りが好き。将来日本橋(東京)に住むと決めた。

コメント