写真:ロイター/アフロ

写真:ロイター/アフロ

消費税増税、ネット上では書込み数急増

トレンド・ライフ2014.3.5 14:44

 2013年10月1日の閣議で決定した消費税8%への増税。2014年4月からの開始が目前まで来ている。税金が3%分引き上がることで、家計への負担も大きいと考えられる。増税まで残り一カ月を切り、現実を帯びてきたのか、Twitterやブログでの書込みも非常に大きく増加している。


 「消費税」や「増税」のキーワードをもとに、Twitter上での書込み数を調べると、1月上旬では約10,000件だった消費税関連の口コミは1月中旬以降徐々に増加。2月下旬には25,000件と1か月半で約2.5倍にツイートが増していた。さらに3月に入って40,000件前後の急激に伸びている結果となっている。

 一方、ブログ上の書込みも同様に増加傾向にある。1月上旬では600件前後だった書込みも、3月以降1,800件以上のブログ記事が見られることがわかる。これらの背景には、飲料メーカー、コンビニチェーン、ファーストフードなど各企業が消費税への対応を発表し始めたことが背景にある。少しずつ意識し始めていた「消費税増税」に急に現実を突き付けられた格好だ。

「消費税増税」に関するTwitter上の書込み数(2013/12/10-2014/03/03)

Twitter推移<

「消費税増税」に関するブログ上の書込み数(2013/12/10-2014/03/03)

ブログ推移

※分析にはTwitter日本語全量データの分析ツールBuzz Finderを利用


 残り1カ月を切り、ソチオリンピックも終了したこともあり、ネット上でも話題の中心に移りつつある。4月に増税による混乱や誤解が生じぬよう、各企業やメディアからの情報に注視していく必要がありそうだ。

Yoshiyuki

企業のソーシャルメディア活用の立上げ・運用支援・分析をする傍ら、buzzoo.jpの運営を行う。大学時代に学んできた統計学・データマイニングの経験を活かし、将来は21世紀最もセクシーな職業を目指している。お酒大好き浦和っこ。

コメント