写真:AP/アフロ

写真:AP/アフロ

東日本大震災から3年 記憶を風化させないための取り組み

トレンド・ライフ2014.3.12 15:54

 2014年3月11日で、東日本大震災からちょうど3年が経過した。この特別な日に、ネット上ではいくつかのキャンペーンサイトが立ち上がった。いずれも、震災の記憶を忘れずにいるために、各社の強みを活かした取り組みを行った。


Yahoo! Japan「3.11、検索は応援になる」

 Yahoo! Japanでは、2014年3月11日にYahoo!検索で「3.11」というキーワードで検索をした方一人につき、10円を公益財団法人 東日本大震災復興支援財団へ寄付するというキャンペーンを実施した。特設サイトでは、Yahoo! Japanの検索データをもとにしたモーショングラフィックを制作、公開している。3年前の震災からこれまでに、どのようなキーワードが検索されていたかを視覚化している。

Yahoo! Japan「3.11、検索は応援になる」 PC画面キャプチャ

Yahoo! Japan「3.11、検索は応援になる」PC画面キャプチャ


)

Yahoo! Japan「3.11、検索は応援になる」


3.11復興支援情報サイト 助け合いジャパン「Tweets3.11」

 3.11復興支援情報サイトの助け合いジャパンでは、「Tweets3.11」というページを公開した。このページではTwitterでアプリ認証を行うことで、地震発生時の2011年3月11日14時46分を基準に、ひとつ前のツイートと、その後1週間の自分のツイートを表示できる。

助け合いジャパン「Tweets3.11」PC画面キャプチャ

3.11復興支援情報サイト 助け合いジャパン「Tweets3.11」


Google 「未来へのキオク - 3月11日。あの日から3年。」

 Googleの「未来へのキオク」という特設サイトのコンテンツ 「3月11日。あの日から3年。」では、震災前、震災直後、そして 2013 年の被災地を主にGoogle Mapのストリートビューでたどっている。震災前と震災直後の街の風景の違いには、改めて衝撃を覚える。  また、同サイト内で紹介されている「震災遺構デジタルアーカイブプロジェクト」では、東日本大震災で被害を受けた施設の外観・構内を撮影し、記録・保存。後世に震災の記録を継承する取り組みとして、ストリートビューで公開している。

Google 「未来へのキオク - 3月11日。あの日から3年。」PC画面キャプチャ

Google 「未来へのキオク - 3月11日。あの日から3年。」PC画面キャプチャ

Google 「未来へのキオク - 3月11日。あの日から3年。」


 時間はどうしても忘れるべきでないことを風化させがちであるが、その記憶を心に留めておくための各社の取り組みは素晴らしいものがある。今一度、被災者、被災地に対して何ができるかを考えるきっかけを得たはずである。

Yoshiyuki

企業のソーシャルメディア活用の立上げ・運用支援・分析をする傍ら、buzzoo.jpの運営を行う。大学時代に学んできた統計学・データマイニングの経験を活かし、将来は21世紀最もセクシーな職業を目指している。お酒大好き浦和っこ。

コメント